電動ミル 手挽きミル

電動ミルと手挽きミルってどう違うの?

喫茶店に入るとコーヒーの香りが・・何となくうれしいのがコーヒー好きの特徴だとも思うのですが、喫茶店においてあるのはほぼ電動ミル。
大きいやつがドーンとあったりしますね。

 

一方、自宅で使うのは殆どが手挽きミルだったりしますが、手挽きミルはしょっちゅうコーヒーを飲む人には腕を鍛える為にやっているのかコーヒーを飲むためにやっているのか分からないくらいの「労働」になったりします。

うちでも最近電動ミルを購入して使っているのですが、これがかなり便利。
気が向いたら手挽き使いますけれど、手挽きミルってどうして根強い人気があるのかというと、個人的には熱の問題だと思います。
電動ミルの場合は、当たり前ですが電力を使いますので、熱が発生して、この熱が珈琲の風味を損なうといわれているのです。
ただし、熱と言っても1〜2杯分程度の豆を挽く分には個人的には違いが分かりませんでした。
大量に挽いてしまうと熱が出て味が違ってくるのかもしれませんね。
そんな事からうちでは電動ミルを多く使うようになり、手挽きミルの出番が少なくなってきています。
手挽きミルから電動ミルに変えた結果、今までゴリゴリと頑張ってきたのがウソのように快適に。
毎日自家焙煎コーヒーを挽くなら、電動ミルを使う方が楽なので長続きするのではないかと思います。

また、自分が電動ミルに変えてみて、もう一つメリットがありました。
挽き方を細挽きとか粗挽きとかに簡単に変えられるので、同じコーヒー豆でも違った味を簡単に楽しめるのです。
これが手挽きミルだと、わざわざネジをいじって溝にはめて・・面倒ですが、私が使っている電動ミルはこの辺が結構簡単でダイヤルを回すだけですから、お手軽になりました。
また、コーヒーの味を変えてしまう要因の一つにコーヒー豆のカスがあります。
他のページでも書いていますが、コーヒーは挽いてしまうと劣化が早まりますから、以前に挽いてしまった粉が残っていると味を損なう可能性があります。
画像の写真を見てもらうと分かりますが、結構粉が残っています。
これは掃除した方が良いと思います。
最近のミルを売っているショップでは掃除に使えるミルブラシが付いてきたりするので、使った方が良いと思います。
ちなみに、コーヒーの粉がミルについている主な原因が静電気と油。
美味しいコーヒーのために頑張ってお掃除です。
分解掃除をすると結構コーヒーのカスが出てきますので、それはそれで良いのですが、中にスプリングとか入っていますし、ネジをなめてしまうと困った事になりますので、要注意です。
せっかく自家焙煎珈琲を手に入れたのですから、色々と試してみたくなってしまいます。